TRPG JGCを楽しんできました。

ってなわけで、9月3日~4日のJGCの報告というか、遊んできたまとめを。

1泊2日と期間が短くなった事もあり、TRPGとかはがっつり遊べたんだけど、公式イベントとかほとんど参加できなかった。

で、今回遊んだゲームは、

○クトゥルフウォーズ
○ビギニングアイドル GM2回 PL1回
○Og

2日間で5ゲームは結構遊んだ方だと思う。半分以上がビギニングアイドルだけど。

時間がうまく合わず、公式セッションは参加し損ねちゃったし、いつも観に行ってた矢野俊策先生のトークショーは今回なかったみたいだしで、ほとんどフリースペースで遊んでました。

もうちょっと具体的な話は続きから。
会場到着後、とりあえずお昼ご飯食べて物販を回る。
とはいえ、普段遊べる環境が少ないため、新作RPGはスルーしつつ、毎年のようにスピコピの新刊を購入。と、ここで最近ニコニコでハマった越智満卓のビギニングアイドルな同人誌を発見したのでそのまま購入。
そのあとはぶらりとフリースペースを見ていたんですが、そこであと一人と募集していたのがこれ、

○クトゥルフウォーズ
マップ上にミニチュアを配置し、ダイスを使用する割とオーソドックスな印象のミニチュアゲー。なのだが、一番の見どころはそのミニチュア。
ごっつい箱に収納されたでかくてかっこいい神話生物たちのミニチュアを駒にゲームを進行。
プレイヤーは4人で4つある勢力を担当して対戦。
勢力はパワータイプのクトゥルフ、コントロール力のニャルラトテップ、数で戦うジュブ=ニグラス、なんか別のゲーム始めるハスター。
自分はジュブ=ニグラスを担当。
ゲームバランスが悪いというか、まあ、そういう仕様なんだと思いますが、強いクトゥルフとニャルが殴り合っている所で、ジュブが漁夫の利を狙い、ハスターは我が道を往く。そんな展開。
卓を立てた方の話では基本そんな展開になるらしいです。
自分は終盤に盛り返したかと思ったんですが、少しエンジンがかかるのが遅かった感じで、敗北。
とにかくミニチュアが素敵なゲームでした。

クトゥルフウォーズの後はビギニングアイドルの卓を申し込んで、ゲームの準備と晩御飯。
そして、ビギニングアイドルのGMに挑みます。

○ビギニングアイドル 1回目
集まったメンバーは欲しい人数よりちょっと少ない2名。
難易度を調整しつつデュオチームによるセッション開始。
チーム名は「ワルキューレ・ラヴ」
女子プロレスラーな女の子「井上愛」と姉にコンプレックスを持つ「上月ルカ」。二人とも17歳の女子高生コンビ。
ってか、女子プロとアイドルの親和性の高さがアレで、だいたいプロレスだった。マイスキルがなんかのプロレス技の名前みたいになってた。
あと特徴的なのが、第2話は異世界カーディアスを舞台にファンタジー仕事表とアイドル戦闘ルールを使ったシナリオをやった事。要するにプロレスだった。

セッション後にすでに始まろうとしていたある卓に入れていただきました。その卓のゲームというのが、

○Og
原始人を遊ぶゲームなのですが、特徴は語彙の制限。テーブルトークなのに会話が制限される不思議なゲームなんだけど、成長とともに語彙も増えていくので、ちょっとずつ言葉が喋れるようになる。まあ、それでもまともな会話なんてできないんだけどネ。
自分のPC名はアーノルドシュワルツネッガー。まあ、誰も発音すらできないんですけどね。
シナリオ自体はシンプルに判定で困難を乗り越え、クライマックスに戦闘するって感じ。
語彙の少ない不便さを楽しむゲームですかね?
あと「あるかも知れない」という語彙の汎用性に笑えた。

で、次は何を使用かという所でビギニングアイドルの募集を発見。
しかし、現在2:00で開始が8:00と、まだまだ時間があるので部屋で仮眠をとり、朝ご飯を食べて挑む。

○ビギニングアイドル 2回目
そしてビギニングアイドル。実はプレイヤーは初めて。
まだ朝早いからか参加プレーヤーは自分ともう一人の2名。GMにはサブマスターがついているので卓としては4人卓。
二人のアイドルが仕事でJGCに行く話。
仕事表も自作されてました。
自分のPCはクールゲーマー19才「綾瀬遊月」。そして相方が金髪ロシア人12才「ルイス=ブライド」。この絶妙な歳の差がいいと勝手に思っている。
基本はブライドちゃんが可愛い担当でいざって時は遊月がフォローする感じ。
ユニット名は「QUICKSILVER」
水銀と言うよりはダイスゲームの運要素のニュアンスで「移り気」の英語を検索して出てきた言葉。
クライマックスのライブが公開セッションって演出も面白かった。
ってか、このゲーマーアイドル二人、普段はどんな活動してんだろう。

そしてJGCラストのセッションは3回目のビギニングアイドル。
2回目始める前にすでに募集はかけておいた。

○ビギニングアイドル 3回目
プレイヤーが5人も集まってちょっとびっくりした。人をうまく集めるには時間は重要なようで、当日参加の型にも参加して頂けました。
で、参加者にはビギドル初めての人やサイフィク初めての人もいましたので、みんなでサイコロフリフリちょっと時間をかけてキャラメイク。
みんなの希望を聞いたところ、今回はロープリを使って男性5人組アイドルをやる事に。
そしてキャラ作成が済むとセッション開始前にちょっと休憩。
で、「自己紹介から始まるからキャラ名と設定考えといてね」と言って席を立ち、戻ってきたらとんでもない事になってた。
こうして誕生した男性アイドルユニット「ギャラクシアン」のメンバーがこいつらだ。

元ヤクザの演歌歌手志望のサジタリウス雄大。
天然パーマを気にしてるフェニックス竜。
実は彼女持ちのスコーピオンUME。
猫が大好きレオ=アントニオ。
とある女の子に歌を届けたいアンドロメダ=ハバキリ。

…ってか、ちょっと席を離した隙になんでお前ら聖闘士になってんだよ。あと今気づいたけど、このパソコン、セイントを一発で聖闘士に変換するんだけどどういう事?

シナリオ自体はシンプルなんだけど、センタールールで取得するマイスキルがただの聖闘士の必殺技だった。
で、ライブ衣装だけど、もはやブランドは一択しかなかった。ブランドはもちろん12&88。みんなに配ったのは星座をあしらったタキシードスタイルの衣装だ。

ラストで何人か倒れたけどどうにか目標を達成してライブは成功。2~3話遊べるかと思ったけど、5人セッションだと結構時間がかかり、1話で十分盛り上がってセッションは終了。

内容はこんな感じですかね?2日という期間にしては結構がっつり遊んだ方だと思います。

テーマ:TRPG - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユウ♪

Author:ユウ♪
ガチになりきれないまったりゲーマー。
イゴ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR