プリパラ 第19話を視聴しました。

プリパラアニメ第19話。

クマがプリパスをなくしてしまった事で、みれぃとクマが大げんか。
飛び出して行ったクマを追いかけたらぁらは、クマからみれぃと初めて出会った頃の話を聞く。
今回は回想回。
みれぃとクマの出会いをはじめ、らぁらと出会う前のみれぃの話。

みれぃが初めてプリパラに来たのが1年前の小学6年生の頃。クマは落ちこぼれでスカウトすらうまくいかず、あと一ヶ月でマスコットの墓場行きと言う状況。
ここでのマスコットの墓場にどこかで見たようなチョー類が。台詞こそなかったけども、シリーズ皆勤。

初めてプリパラに来たみれぃと出会ったクマは、早速スカウトしようとするも、そのボロボロな姿にあっさり断られてしまう。そこへウサギが現れスカウトしようとするも、「片手で名刺を渡すようなマネージャーとは組めない」とばっさり。クマの言う通りカッコイイ。

しかし、みれぃの事が気になるクマはその後のみれぃの様子を見続けるのだが、チーム結成に苦戦している様子。

みれぃの両親が出てきた話でも色々言われていたみれぃぼっち説。
ぼっちとまで言わんでも、誰にでも厳しく、融通のきかないタイプだったからみんな距離を置いているみたいな感じ? まあ、雨宮君みたいに少し距離を置いた所から慕ってる人って意外といそうだけど。

で、チーム作りがうまくいかないみれぃにいよいよ墓場行きが迫りさらにボロボロになったクマが声をかける。
「みんなが求めてるのは、柔らかいハートのこもったライブクマ」

クマは無能に見えてたまに有能になるからなぁ。
そんなクマのアドバイスを受けたみれぃは見事優勝。客席にクマの姿を見つけたみれぃは表情を輝かせるが、クマはそのまま黒いめが姉ぇに連れていかれてしまう。
このシーン、連れていかれるクマが、会場を出る瞬間まで表情を崩さないのも良い演出だよね。会場出た途端泣きながら抵抗するんだけど。
何と言うか、この黒いめが姉ぇ怖ぇなあ。こんなシーンを、福本伸行先生の漫画で見た気がする。
しかし、間一髪のところで、みれぃがクマを自身のマネージャーとして救い出す。

いい話なのに、やっぱりところどころおかしいプリパラ。
まあ、平常運転と言えばそうなんだけど。
ただちょっと気になるのが、マスコットの墓場とかのプリパラの黒い部分。これってただのギャグなのか、物語の根幹に関わってくるのか。

考えすぎかもしれないけど、これまでに色々と気になる描写があったりしてさ。

前回のレオナの元にプリチケが届いたのだってそう。1話でらぁらとなおが言うように「女の子が年頃になると届く」って設定があったけど、レオナの件は? ご都合主義とかギャグと言われればそれまでかもだけど、届く条件が他にあるんじゃないか? とかね。

でも怖いのは、届く条件がどうのじゃなくて、らぁらやなおのような外の人間のプリパラの認識と、プリパラの本質にズレがある所。
誰も本当のプリパラを知らないんじゃないかって。
逆に内の人間は? と考えると、マスコットの墓場とか用意されてる扱いの悪い、見るからに下っ端なマスコットたちと、完全にシステムなめが姉ぇたち、あとめが兄ぃ。
プリパラ側が何なのかほとんど描写されてない感じ。

ハロウィン回で出てきたファルルも明らかに問題を抱えているだろうし、今後話がどう転がっていくのかは気になる所。
本当に怖い話になったら……それはそれで面白そうだな。

あと、何気にプリリズ要素も多かったよね、「入水」とか「瞬き禁止」とか。

プリパラ Stage.2【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージシューズ]】プリパラ Stage.2【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージシューズ]】
(2014/11/07)
茜屋日海夏、芹澤優 他

商品詳細を見る

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユウ♪

Author:ユウ♪
ガチになりきれないまったりゲーマー。
イゴ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR