プリパラ 第18話を視聴しました。

プリパラアニメ第18話。

引っ込み思案なレオナは、いつも周りの意見に合わせてばかり。
自分の意見を言わないレオナに、シオンは自分の本当の気持ちをぶつけるようにと、一人でメイキングドラマを作るように言うが……。
って話なんだけど、アバンの破壊力がすさまじ過ぎて……。

そっちの話の方がしたいので、本筋の話をまず。

引っ込み思案なレオナが、どう自分を表現するのかっていう、まあ、良くある王道とも言える話なんだけど、注目すべきはその結末。

その結末は「レオナが変わる」というものではなく、レオナが自分の気持ちと向き合うと同時に、レオナの良さをシオンが認めると言うもの。

レオナが周りの意見に合わせてばかりに見えるのは優柔不断だからではなく、「みんなのために」と言う意思に基づくもので、その優しさが、レオナの良さであり、レオナ自身がやりたい事だったと、まあ、そんな話。

さて、18話一番の見所の話をしようか。

レオナ、男の娘確定ッ!!!

ふう、ヘンなテンションMAXになってしまいましたが、それはアバン、OP前からいきなりクライマックス。
パプリカ学園に転校してきたドロシー&レオナ。そのレオナは男子制服でみんなの前に現れる。
ああ、委員長の計算が追い付かなくて目からハイライトが……。

だが、それはプリパラの狂気の一端に過ぎない。
最初こそみんな驚いたものの、プリチケが届いた事を知ると、「なら、大丈夫ね」と、委員長も納得。
え? そこで納得していいの?
その後も「こんなに可愛いのに男?」程度の驚きで、みんな深くは突っ込まない。
みんな順応早過ぎだろ。
雨宮くんに至っては全くブレない始末。
「委員長は彼を見ていた委員長は彼を見ていた委員長は彼を見ていた」

さらにその後、ほとんどレオナが男って事には触れずに、何事も無かったように物語が進んでいく。
「実は男」ってそれだけで1話、どころか3~4話引っ張れそうなネタなのに、さらりと流してしまう。

レオナ自身、男だ女だと言ったこだわりは全く無さそうなんだけど、それどころか、アニメの作り手が、「レオナは男だけど、なんか問題ある?」って態度がまた良いよね。良いと言うかおかしいと言うか。

ちなみに、作中で明確にレオナを女として見てるのが「お姉ちゃん」と慕う園児たち、男として見てるのが委員長に懐いてる雨宮くんだけだったり。

ネットなんか見てると、女児向けアニメで男の娘ってどうなの? って意見も見るけど、ま、割とフツーだよね?
自分は小5の頃、小学五年生で少女少年読んでました。(これも年齢バレそうだなぁ)

今後、男って設定を生かす事があるのか? たぶんそんなに無いと思う。ああ、そんな設定もあったなぐらいの扱いになりそうな気がするなぁ。

あと、今回のトモチケ交換は、いろいろアドバイスして絆が芽生えたレオナとそふぃ。
この二人に接点が出来たって事は、これは3クール目、チームシャッフル編来るか?

プリパラ Stage.2【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージシューズ]】プリパラ Stage.2【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージシューズ]】
(2014/11/07)
茜屋日海夏、芹澤優 他

商品詳細を見る

プリパラ Stage.1【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージブラウス]】プリパラ Stage.1【DVDオリジナルプロモマイチケ付[ミュージカルリボン ステージブラウス]】
(2014/10/24)
茜屋日海夏、芹澤優 他

商品詳細を見る

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユウ♪

Author:ユウ♪
ガチになりきれないまったりゲーマー。
イゴ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR