プリパラ 第11話を視聴しました。

プリパラアニメ第11話。
2クール目の伏線を撒きつつ、1クールの締めへ向け、らぁらがそふぃを助けたいと決意を強くする話。
今回はまず、そふぃが自立の一歩を踏み出したいと助けを求めている事、ウサギが本当に悪い奴だという事をよりはっきりと明確にした話だったかな、と。

まずウサギ。
いつものようにクマの元に嫌みを言いに来るんだけど、「マネージャーの僕の言いなり」って言い回し。これまでのやや曖昧な嫌味と違ってはっきりと悪い奴だと見ている側に印象付けているように思います。
あれだ、レインボーライブでの、ドリーミングセッションの頃のべる様みたいな印象。あれもそれまで悪い奴なのかどうか曖昧な様子だった所、はっきりと悪役であると印象付けてきたんだよね。
まあ、ウサギが改心するかどうかはわかりませんが。マスコットの墓場も用意されてますし。

そして、羽ばたきたいと思っているそふぃ。
これまで何度もその描写はありましたが、今回は「メイキングドラマ」と言うギミックも使って、そふぃの気持ちをより明確に描きました。でもまさか、このタイミングで「かいほうオトメヴァルキュリア」を、それも未完成という形で使ってくるとは思わなかった。
1年前のべる様のアレと比較するような意見も聞きますが、そうか、オールスターセレクションで1クール使ったからもう1年も前の話なんだな、プリズムダイブ。あれはあれでかなりきつい演出でしたが、今回も別のベクトルでちょっときついですよね。

何がってアレですよ。そふぃが助けを求めているのはメイキングドラマを見ても明らかなんですが、ほとんどの人がそれに気づかない。
8話でウサギが言っていた「お客の方が勝手に何でもクールと思ってくれる」がこれまではただのギャグだったのに、この瞬間、助けを求める声が誰にも届かないと言うきつい演出に繋がるなんて。
ただ、主人公であるらぁらとみれぃだけでなく、姉のコスモ、親衛隊の定子、ちゃん子にも、その本心は伝わっているようなのが救いですね。
らぁらはそふぃを鳥籠から出す、とかなり積極的かつ直接的にそふぃを助けようと考えている。何と言うか、漢前だよなぁ。
対してみれぃは、最初の一歩はそふぃ自ら踏み出さなければいけないと見守るスタンス。何と言うか、一番大人だよなぁ。
で、コスモ、定子、ちゃん子が今後どう動くかが見どころだと思う。

あと2クール以降の伏線になるのかな?まずは新キャラドロシーの顔見せ。メインキャラに加わる双子の片割れが、らぁら&みれぃの3人目候補として登場。双子キャラのかたっぽだけが出てくるってのがちょっと意外だった。
どうでもいい話だけどウェスト(西)が双子で二人いるから、白や發はなさそう。

そしてもう一組の新キャラ、new&mew。これまで登場しなかったメジャークラス。実在したんだ。アーケードでもまだ未実装だしね。再登場は……愛(ラブ)の事もあるし読めないな。
メジャークラスは定子も数が少ないって言ってるし、トップや神ってのはいったいどうなってるんでしょうね。

勝手なイメージですが、聖衣を持たない研究生、青銅聖闘士の主人公他メインキャラ、白銀聖闘士のように次々と送られてくるメジャークラスの刺客、一握りしかいない黄金聖闘士的なトップクラスに、神々の戦いへ。
そうか、マイキャラ☆ベスト7が7人なのは北斗七星の星の数で神闘士的な……以下妄想が止まらないので自重。

ちなみにnewの役は片岡……じゃなくて、榎あづささん。何気にめが姉ぇに続くシリーズ皆勤。

さあ、だんだんとプリリズシリーズっぽくなってきましたが、アイドルグランプリへと向けどんな結末となるのか。

今回はシリアスでいくのかと思ったら、3人目の面接シーンに全力でカオスを持ってきてた。何と言うか、らしい感じがした。

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユウ♪

Author:ユウ♪
ガチになりきれないまったりゲーマー。
イゴ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR