プリパラ 第9話を視聴しました。

プリパラアニメ第9話。
いよいよ北条そふぃがチームに合流。
デビューした幼い頃の事や、本当の自分に悩む描写など、なりたい自分への第一歩を踏み出した重要なそふぃ回。
……のはずなんだけど、何かすごくインパクトのあるあれやこれやがぶっ込まれていた気もする。
ごくごく稀に有能な所を見せるクマが、そふぃも出演するバラエティ番組の仕事を獲って来た。
が、当日組むペアはくじ引きで決める事を見逃していたクマ。結果、らぁらは憧れのそふぃと組む事になる。

ここにきて、アイドルとしてのそふぃに一気に近づく事となったらぁら。
さらには本番中にファンシーモードに戻ってしまうというトラブルにも見舞われてしまう。
そふぃは本当の自分に対して、かなり思いつめてるようでして。嫌われると思って、これまで身内以外には見せてこなかった本当の自分。それを知ってしまったらぁらの「どちらのそふぃさんも好きです」の一言は、大きな救いというか、そふぃの力になった一言だったよな、と。
そふぃの気持ちを考えると、一番悪いのはウサギだよなぁ。
そふぃの本心を知った時、コスモがどうするのかも気になる所。コスモも、そふぃと同じくコンプレックスの塊みたいな時期があったから、そふぃにどんな言葉を書けるのか。
マイデザの話題にも触れてくれたら、ファンとしてはすごく面白いんだけど。

らぁらの言葉に勇気を貰ったのか、ほんの少しだけ、一歩を踏み出したそふぃ。
らぁらとともにライブシーンへ。
曲は課題曲こと「Make it!」で、メイキングドラマは「もぎたてスーツパーク」。
コーデはアニメでは初披露「かえるちゃんコーデ」。
差し替え部分も多いとはいえ、初めてのそふぃとのライブは、色々新鮮な組み合わせのライブでした。

さて、きれいな話はここまでにして、今回はいつにも増して頭のおかしい描写が多かった気がする。メインの話がそふぃ中心のちょっといい話だったから余計にそう感じるのかもしれない。

まずはめが姉ぇ。めが姉ぇが複数存在する事はプリパラ初期から描写があったが、いざ一つの画面に何人ものめが姉ぇが映るとなると、もはやホラー。
プリリズ公式ガイドの伊藤さんのインタビューによれば、複数いるめが姉ぇは演じ分けせず、同じように演じてくださいって指示があったとか。

で、もう一つが、以前にのんちゃんがサインを欲していたピンクアクトレスの一人、ななみちゃん登場。……どうしてこうなったキュピコン。
「~ぷり」にも「ちゃんこ」にも慣れてきたここでとんでもない物をぶっ込まれたキュピコン。
どう考えても頭おかしいのに、だんだん可愛く見えてくるのが厄介キュピコン。

あと、最後の委員長の「プ…リ…///」が素敵だった。

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユウ♪

Author:ユウ♪
ガチになりきれないまったりゲーマー。
イゴ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR