バトスピ 新弾カードの感想を書いてみました。黄編

アルティメットバトル04カードレビュー。今回は黄属性。

黄はアルティメットサポートと、既存カードをマイナーチェンジした互換カードが中心の印象。

それでは、カードレビューは続きから。

続きを読む»

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

プリティーリズムASS 第8話を視聴しました。

オールスターセレクション第8話は、RLの29話(だったかな?)。

テーマが自分らしさって事でべる様が主役の話。

まずが恒例のちびキャラオープニング。
いつもの自己紹介のあと、らぁらは「ぎゃふん」「いっちばーん」「ハピなる」と、先輩三人の真似を始める。三人の様になりたいと言う事だが、なんだかしっくりこない。
ってか、あいらは「ハピラキ」じゃなくて「ぎゃふん」なんだ。わかってたけど。
それを「らぁらちゃんらしさが無い」と指摘する店長が自分らしさについて今回の話を始める。
あと「かしこま」可愛い。

本編は店長たちが修学旅行中、プリズムストーンをどうするかって所から。
元プリズムストーンの優秀なスタッフのおとはを頼る事に……。が、なぜかべる様までくっついてきちゃった。しかもなんだかやる気満々で。
で、ベルローズの三人がプリズムストーンの留守を預かる事に。

ベルローズによるプリズムストーンは最初はうまくいっていたけど、途中からべる様がちょっと……はっちゃけ過ぎちゃって。
まあ、常にトップに居続けるために努力してきたべる様にとって、ルールとか格式って当然のことと認識しているみたいだけど。

コミカルなタッチですけど色々と思う所はあるんですよね。
何より、少し前に母から自立の一歩を踏み出したべる様だけど、その母と同じセリフ「あなたの為を思って言ってるのよ」って言っちゃってるのがね。あの母の影響は根が深いと言いますか。

コミカルついでにオーナーの正体もベルローズ組にバラしてしまいましたが、上下分離した状態はやっぱり怖いわ。

そしていつもの歩道橋。べる様、飛び降りるんじゃないかと不安にさせて以来、ちょくちょくここに来るよな。
悩むべる様の前にヒロ様登場。
「ハードルが高いと言われたなら、そのハードルを飛び越える手助けをしてあげればいい。」
「観客によりレベルの高い喜びを提供するのがエーデルローズだ」
これ、すごくいいこと言ったよね。それなのにその直後、「何やってんのかな」。って、眼鏡噛むなよ、何やってんだはこっちの台詞だよ。

ヒロ様の言葉に何かを掴んだべる様。
派手な服を似合うか悩む客、ミルクティーが苦手な客、友達と喧嘩してしまった客にアドバイスするべる様。ハードルを越える手助けをする事で、従来のプリズムストーンとは違ったべる様らしい、ベルローズらしい魅力のお店になったように思います。そして、プリズムショーへ。

今回のプリズムショーは、観客を巻き込んだファッションショー。なんか、プリズムアクトっぽさがある。ボーイッシュなおとはに、お嬢様スタイルのわかな。そしてトリは、猫耳スタイルのべる様。コーデはクールバーテンダーを基本にしたセクシー系。……まあ、前にも張ったけどウェブファッションショーのやつ、も1回張っとくね。
big13309_504.jpg
♪♪プリティーリズム ディアマイフューチャー ウェブ・ファッションショー♪♪
http://prm-fancall.com/webfashionshow/
(C)T-ARTS / syn Sophia
(C)T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PRD製作委員会

エンディングのちびキャラ。べる様の姿にみんな拍手。
自分に自信を持つ事が大切だと知ったらぁら。
店長から猫耳カチューシャを受け取り、あざとく自信を持って自分らしさアピール。

あと今更エンディングクレジットで気付いたけど、モブの中にらぁらの声優さんがいた。

さて、予告を見る限り次回はADの超絶クライマックス、プリズムクイーンカップのようだ。ここでこの回が出るって事はあれか、プリリズ屈指の超展開を見せたあいら対りずむ終盤まで温存する流れなのかな。

バトスピ 新弾カードの感想を書いてみました。白編

アルティメットバトル04カードレビュー。今回は白属性。

白は名称「モービル」とアルティメットのサポートが中心。けど、もう一歩足りない感じも。

それでは、カードレビューは続きから。

続きを読む»

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

バトスピ 新弾カードの感想を書いてみました。緑編

アルティメットバトル04カードレビュー。今回は緑属性。

緑は赤緑系の強化とアルティメットサポートが中心のラインナップ。

それでは、カードレビューは続きから。

続きを読む»

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

バトスピ 新弾カードの感想を書いてみました。紫編

アルティメットバトル04カードレビュー。今回は紫属性。

紫は新効果「毒刃」と、そのサポート、毒を生かすための効果が中心のようです。

それでは、カードレビューは続きから。

続きを読む»

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

バトスピ 2コストペンタンデッキでもう1勝しました。

自分のペンタンデッキは最強じゃないのか……と、勘違いしている最中です。

というわけで、昨日、一昨日に引き続き、またショップバトルに行ってきました。
新弾発売直後の環境が楽しくて、今週はちょっとバトスピの記事が増えるかも。


ショップバトル
大会形式:総当たり(参加者3人)
使用デッキ:ケープペンタンの為のペンタンデッキ

1回戦 毒刃 勝ち
初めての毒刃とのバトル。印象としては、やはりちょっと回りくどい感じ。リブラゴレムやコジロンドゴレムのような、粉砕に付加効果が付いている印象に近いかな?
毒が4貯まったスピリットをアザゼルさんに吹き飛ばされると、一度に5枚のカードが置かれるため、そのインパクトは正直でかい。
あと、デッキ破壊メタの効かないブロック時にも発揮できる粉砕と思うと強そう。
ただ、こちらはコーラスバードやハイドランディアがあるため、半端なデッキ破壊ならアドバンテージになるのも粉砕と同様。
その点で言っても、即トラッシュではなく、一度スピリット/アルティメットの下に貯められる毒刃は粉砕より強力かもしれない。
ネメシスのダブルシンボルに少しびびったが、ヤマトペンタンのバースト効果で止め、返しのターンに物量で勝利。

2回戦 白紫 勝ち
まずはこちらが速攻を仕掛ける。が、相手はこれをマゾロで一掃。こちらも負けじとハイドランディアでリカバリーし、冠も準備する。手札が良くないのか相手は若干テンポが悪い。積極的に攻めるも相手のライフがあと一点と言う所で耐えられ、相手の場にもスピリットが並びだす。相手の場にフィニッシャーであるザンデが出てくるも、こちらの浮遊する岩塊+喜劇王ペンタン+ブレーペンタン音楽隊(2コスト2軽減バニラ)のコンボによる鉄壁の防御布陣は崩れず。
最終的にこちらがヤマトペンタンを召喚し、その疑似アンブロッカブルで最後のライフをもぎ取る。

結果:優勝


なんかペンタンデッキが絶好調。
未だ敗北はないが、いつまでもつやら。

バトルスピリッツ アルティメットバトル04 ブースターパック【BS27】 (BOX)バトルスピリッツ アルティメットバトル04 ブースターパック【BS27】 (BOX)
(2014/05/24)
バンダイ

商品詳細を見る

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

バトスピ 2コストペンタンデッキで優勝しました。

ミブロック・バラガンのヒラヒラはファンネルだったらしい。

昨日に引き続きショップバトル。昨日は福知山で、今日は小浜に行ってきたのですが、新弾発売から1日も経てば、みんな新カードを試そうとデッキをいじってきているようで、新カードも多く見られました。
アルティメットバトル04での強化がみんな気になるのか、赤緑が多かったです。
ちなみに自分はタイトルの通りコスト2中心のペンタン。具体的にはケープペンタンを使ってみたかったのです。

詳しくは続きから。レシピはデッキ名をクリック。

続きを読む»

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

バトスピ 青アルティメットデッキを廻してきました。

気づけばいつの間にやら、カウンターが10000を突破。おめでとう(ぱちぱち)。
つっても、何かあるわけでもなく、いつも通りショップバトルの報告なんですけどね。

使用デッキはこのあいだ記事にも書いた青アルティメットデッキ。
何とか形になったんで試運転。

詳しくは続きから。レシピはデッキ名をクリック。

続きを読む»

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

バトスピ 新弾カードの感想を書いてみました。赤編

明日発売のアルティメットバトル04。

一足先にカードレビューをはじめました。まずは赤属性から。

今回の赤は、赤緑系と三龍神サポートが中心のようです。

それでは、カードレビューは続きから。

続きを読む»

テーマ:バトルスピリッツ - ジャンル:ゲーム

プリリズ LRをキャラ毎に振り返ってみました。店長編

HNI_0137.jpg
「プリティーリズム レインボーライブ」をキャラクター毎に振り返るラストは彩瀬なる編。最終回から結構経っちゃったけど、とりあえず完走。

レインボーライブの我らが主人公。見た目も中身も幼いですが心はでっかい太平洋。性格もなかなかにアレですが、オールスターセレクションで歴代主人公たちと並ぶと案外まともに見えたり。

ハッピーレインのラブリー系少女、彩瀬なる。

第一印象は、天真爛漫な女の子。これまでの主人公あいら、みあとも違うタイプの女の子だ。背が小さい事も含め、子供っぽい。デコる事が好きだけど、すごい才能と言うわけでもなく、勉強も運動も得意ではなく、部屋も汚い……と、弱点の方が多い感じ。

個人的な感想ですが、天才型のあいらに、唯我独尊型性格のみあと言った若干個性の強いこれまでの主人公に対し、感情移入しやすいように敷居を下げてきたのかもしれない。ただ、主人公への憧れという感情は湧きにくいですが、そこは他の6人の主人公たちが補ってくれているでしょう。

それから、プリティーリズムシリーズの主人公全員に共通している事として、影が薄いことが挙げられる。具体的にいえば、物語の中心に彼女たちはいないのである。オーロラドリームで言えば、物語としての主役はりずむの方がそれらしいし、話の中心にいるのはそなたと社長の二人。ディア・マイ・フューチャーでも話の中心は欽太郎をはじめとした社長の家族の話だったし、こっちではもう主人公ではないあいらの活躍の場が逆に多くなっているのも特徴的だ。
実際、プリリズの主人公の役目と言うのは、最後に奇跡を起こす役割なのではないかと。

さて、そんな店長ですが、個性はなかなかに強く発揮しているように思いました。「ハピなる」というお花畑な口癖に、やたら距離が近く、終始イチャイチャしていたりんねとの関係。りんねが色々教えてあげなければならない妹的な存在から、いつの間にか自分よりしっかりしたお姉さん的立場に逆転していた様は笑えました。店長、やっぱりダメな子なんじゃ……。

マイソングの第一印象と言うかインパクトも良かったですね。「電波じゃねえか」と。いや、よくよく聞けばとてもいい曲なんですけどね、「ハート・イロ・トリドリーム」って。
あとあれだね。すごく口が軽い。BSだけでなく、ニコ動でも追いかけていましたが、「歩くスピーカー」とか「地雷は踏み抜くスタイル」とか言われていたように、空気が読めないというか、口が軽いというか。「誰にも言わないでほしい」と言われていた事をあっさりばらしたり、あんといとは親に黙ってプリズムストーンで働いているのに、直接家に乗り込み、親をプリズムストーンに招待したりとか、ね。

店長を演じているのは加藤英美里さん。
自分のイメージだとパワパフZのブロッサム役とか、ふたご姫Gyu!のシフォン役とかかな?世間ではまどまぎのキュゥベえ役が有名か?
クリスマスのイベント見てると、加藤さん自身が結構空気を読まない自由な人なのかもという印象が……。キャストの最も好きなセリフのコーナーで、トップバッターがいきなりヒロ様を選ぶとか。ほかのキャストが一斉にざわついてたもの。

印象に残っているシーンとしては、舞台の上で泣き出してしまった最初の大会、ドリーミングセッション。そして、プリズムクイーンカップである最後の大会、オーバーザレインボーセッション。
オーバーザレインボーセッションでは、プリズムのきらめきが失われた中、それを取り戻すべく、何度も転びながら、泣きそうになりながらもプリズムショーに挑み、とうとう世界にきらめきを取り戻すという奇跡を起こす。最初と最後の大会を見比べれば、店長がどれだけ成長をしてきたかってのが良く分かる。

箱入り娘って言うとちょっと違うかもだけど、店長は周りから可愛がられて育ってきた印象? フツーの良い子なんだけど、苦労とかも知らなくて、そんな子が一年かけて成長していく物語だったのかもしれません。みんなの物語が、店長の糧になっているのかなと。
「ディアクラウンのようなお店の店長になる」と言っていた店長が、最終話でとうとう夢のディアクラウンの店長に。この一年で夢を叶える所までやってしまったわけですが、なる店長がディアクラウンでどんな店長をしているのかってのは気になる所ではありますよね。

テーマ:プリティーリズム レインボーライブ - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

ユウ♪

Author:ユウ♪
ガチになりきれないまったりゲーマー。
イゴ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR